廃車は自分でするのめんどくさい

廃車は自分でするのめんどくさい

頼むのが実際楽ですよ

車を廃車にする際、てっきり自分で手続きをしなくてはいけないと思っていたのですが、ちゃんとそれ専用の業者があるんですね。というのも、最近父が車を処分したらしいのですが、その処分を全て業者に委託したそうです。

 

 

車というのはあれだけでかい物なので、もちろんそこらへんに捨ててくるわけにはいきません。

 

仮に捨てたりしたら廃棄物処理法違反?不法投棄?なんらかでかなりの罰則が待っています。そのため、適切に処理をしなくてはいけないのです。自分でも書類を集め、解体業者に依頼して解体をした後に解体したことを証明する書類を持って、陸運局で手続きをすることで廃車とすることができるみたいです。

 

 

 

とはいっても、園手間を考えるとやはり廃車を専門に行っている人に依頼した方が確実ですし楽ですよね。

 

 

私の父もいままで懇意にしていたディーラーの人から廃車専門の業者を紹介してもらって、あとは書類にサインするだけで車の移送から廃車の手続きまですべて業者が行ってくれたそうです。車の処分にはかなりの金額がかかると思っていたそうなのですが、なんと父はほとんどお金がかからなかったそうです。

 

 

 

どうやら、車を解体するときにももちろんお金がかかるのですが、車の状態がよかったため、車のパーツや使用されている金属や電子部品などがリサイクルに利用することができるようで、それが業者の利益となるため、それらを差し引いた金額で精算してもらえたそうなので、ほとんどお金がかからなかったそうです。

 

 

 

最近では粗大ゴミなどの大きなゴミを処分するときにはお金がかかるくらいなので、車のような巨大なものはかなりの金額がかかるのだと覚悟していたそうなのですが、想像以上にお金が安く済んだらしいので喜んでいました。車の廃車は思った以上に容易に出来るんですね。

 

 

 

まあ、私が乗っている車はまだまだ現役なのでしばらくお世話になることはないでしょうが、今後車を廃車にするようなことがあれば、業者も検討しようと思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ