我が家の検討会

我が家の検討会

電気自動車の購入にさいして調べてみました

日産のリーフや三菱のiMEVなど、最近では街中でもよく電気自動車を見かけるようになりました。

 

電気自動車はハイブリットと異なり、完全に電気で走るため、環境に優しくいざというときには発電機代わりにもなるなど、その利便性の高さから人気の高い車種の一つとなっています。

 

実際、電気自動車は利用してみてどうなのでしょうか?メリットばかりに目が行きがちですが、デメリットも少なからずあるはずです。

 

電気自動車のメリットとデメリットを調べてみました。

 

メリット

環境に優しい

電気で走る車のため、まったくガソリンを使用することがないため、排気ガスを出すことがありません。排気ガスの中には地球温暖化や大気汚染の原因となる、二酸化炭素や大気汚染物質などが含まれていますが、電気自動車ではこれらの有害な物質を一切排出することがなく、環境に優しいエコな車です。ガソリンを使用することがないため、いつかはなくなってしまうと言われている石油などの化石燃料の枯渇を防ぐことができます。

家計に優しい

エネルギー効率はガソリン車とは雲泥の差です。車を減速させる際、ガソリン車では熱として排出していたエネルギーを回収して再利用出来るため、エネルギー効率が非常に高く、ガソリン車の3倍ほどにもなります。電位代はなんとガソリン代の1/3〜1/9ほどです。

充電が容易

家庭用でよくもちいられている100V電源もしくは、200V電源から簡単に充電することができます。わざわざ充電する場所を探さなくても、自宅にいながら充電ができてしまうんです。

音や振動が少ない

ガソリン車では走行時にエンジン音であったり、振動がどうしても発生してしまいますが、電気自動車ではエネルギーを燃焼や爆発などをすることがないため、走行時の音や振動がとても少ないです。本来エンジンを置くスペースがなくなった分、車体のデザインなどに自由がきかせられるようになり、走行の安定性や加速速度の向上などのメリットが得られています。

 

デメリット

値段が高い

一般的なガソリン車に比べるとどうしても料金が高くなってしまいます。他社と比較できる車も少ないため、購入時に値下げがしにくいという面もあります。ですのでたとえ燃費が良くても、その車体価格を考えるとガソリン車の方が得ということも十分にありえます。今後の電池の更なる高性化やコストダウンが期待されます。

充電が長い

ガソリン車であれば満タンにするまでに数分で済みますが、電気自動車はそうはいきません。100Vの電源から充電wの行うと、空から満タンまでになんと4〜16時間もかかってしまうんです。急速充電器を利用すれば20〜30分で8割程度まで充電ができるそうですが、ガソリン車に比べればどうしても時間がかかってしまいます。

充電できる場所が限られる

自宅以外の充電場所がまだまだインフラ整備が整っておらず、ガソリンスタンドに比べれば遙かに少ないです。充電がなくなりそうなのに、近くに充電する場所がないと大変ですよね。実際、ガス欠になってJAFに頼む電気自動車のオーナーが多いそうです。

走行距離が短い

ガソリン車に比べると走行できる距離が短いです。満タンから100〜200kmしか走ることができないので、長距離の移動の際は、充電する場所がちゃんとあるか確認する必要があります。

電池の寿命

まだまだ出始めなので、電池を交換した人はいないと思いますが、電気自動車の心臓ともいえる電池は徐々に劣化していきます。そのため、電池を交換するとなると数十万円ものお金がかかるといわれています。まだまだ電気自動車の電池は高いので、電池の低価格化や長寿命化などに期待されます。

 

廃車にする前に売れるものは売っておいたほうがお得

車を廃車にする時、そのまま廃車にしてしまうなんてもったいないですよ。

 

自動車には様々な部品がとりつけられていますが、はずせるものははずして売ってしまった方が得するかもしれませんよ。

 

もちろん廃車の際に持ち込む場合は車が走らなければいけないのでそういった部品はとりはずすことはできませんが、走行に問題ない物であれば廃車前にはずしてしまいましょう。

 

 

カーナビなどのオーディオ機器、車内の装飾品、ETCなど、車を購入してから取り付けたものなどははずせるものははずしてしまいましょう。

 

 

結局廃車にすれば解体してバラバラにされるので、破壊されるくらいならはしたがねでもいいので売るか必要としている知人にあげてしまいましょう。ですが、自分で取り外しを出来るものならいいですが、業者などに依頼しなければいけないものはそうはいきません。

 

 

カーナビやETCなどは知識があれば意外に簡単に取り外せるらしいのですが、これを業者に依頼すると結構な料金をとられてしまいます。

 

 

取り外しに数千円程はかかりますので、これを廃車費用と合わせることになりますので注意が必要です。

 

 

売却して得をしようと思ったのに、取り外しの料金の方が高くなってしまうなんてありえませんよね。取り外した後、別の車に取り付けようと思っている時も、それを自分で取り付けられればいいですが、これも取り付け量で同じくらいの額がかかるので、わざわざそのお金を払う価値がその部品にあるかどうかを確認してから廃車を依頼しましょう。

 

 

廃車・買取の見積りは、売る車.netをチェック!!

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ